Home > 電子コンパス > アプリケーションノート> 磁気センサの磁気精度とコンパスの方位精度

磁気センサーの磁気精度とコンパスの方位精度

磁気センサーで精度良く磁気を計測すると、電子コンパスの方位精度も良くなります。

 

磁気センサーの磁気の精度と、電子コンパスの方位精度の関係は、次のようになります。

 

数式で表すと次の式になります。

例えば、

 

地磁気の水平成分30μTで、磁気の計測の誤差が±1μTの場合、方位誤差は±1.9°となります。

 

※ 上式は、磁気の水平成分に対する誤差hが求まる場合の計算式です。

  アイチで提供しているソフト内での実際の方位誤差計算は簡易版なので、上式と異なります。