■ MIセンサの発明

 1993年に日本の名古屋大学において、アモルファスワイヤに磁気を印加するとインピーダンスが著しく大きく変化することが発見され、さらに、この効果を応用した高感度磁気センサが発明されました。これがMIセンサです。

 アモルファスワイヤの特殊な磁気構造により、非常に高い感度が得られることが特徴です。

 

 

 

■ 毛利教授のマグネティックス研究;発見・発明談話

  毛利教授の執筆による、マグネティックス(磁性)研究にまつわるエピソード集です。研究の過程で、どのように発見・発明がなされるかのヒントが隠されています。

→「毛利教授のマグネティックス研究;発見・発明談話」トップページへ

→「第1回:アモルファス合金ワイヤの誕生とセキュリティセンサタグへの応用ビジネスものがたり」へ

→「第2回:高性能マイクロ磁気センサアモルファスワイヤMIセンサ発明ものがたり」へ

→「第3回:日本の製鉄の歴史について」へ